ミノタブで薄毛の悩みを解消する

薄毛に悩み始めてから、どんな育毛剤使っています?
かなり私は薄毛のデビューが早くて、20歳代前半から薄毛に悩まされていました。
最初に使った育毛剤はインターネットの中でも知名度の高い成分ミノキシジル配合のロゲイン。(リアップと同じ成分)

 

・・・でも、効果のほどは・・・まったくナシ。
2年くらい、信じて使っていたのですが、ほとんど効果を感じていませんでした・・・。
価格的にもけっこう高かったので(1ヵ月分:3,500円)損をした気分でした。

 

それで、自分なりにいろいろ調べてみると、ロゲインは「効果ナシ」というより、
私のような「前側と横側の薄毛」の人には効果が弱く、頭頂部にだけ効果を生みだしてくれるそうです。

 

ロゲインのような頭皮に「塗るタイプの育毛剤」は、あくまで「血行を促進する育毛剤」なので、頭頂部にしか効果がないそうです・・・。

そもそも、私たち日本人は頭頂部より「前側や横側の薄毛」の人が多いといわれています。

 

こんな大切なことを早く知りたかったものです・・・。
2年間もロゲインを使わずに済んだのに・・・。(出費10万円)

 

ミノタブとの出会い

それで、私達のように「前側と横側の薄毛」に効果のある育毛剤はないか?
っと探している時に見つけたのがこのミノタブなんですね。

そもそも、ロゲインとミノタブの成分は同じミノキシジルなんです。
でも、「摂取の仕方」が違うことで効果がまったく変わってくるんですね。

 

ロゲインは外用タイプなので頭皮に塗るだけ、だから頭頂部にしか効果を生みだすことができない。

ミノタブは内服タイプで錠剤を服用。
有効成分を直接体内に取り込むために、
前側・横側・頭頂部」など頭皮全体に効果を生みだしてくれる。

 

それから、体内の毛母細胞に直接的に刺激を与えるために、「外用タイプ」より発毛効果率が高くなります。

 

ミノタブを使ってみての感想

ミノタブの使い方はいたって簡単です。
1日の中で1錠飲むだけ。

「朝・昼・夜」や「食後」などの決まりはないですね。

私は、「夜」「食後」に飲むようにしています。
単純に、髪は夜に育つといわれているので。

 

ミノタブの効果ですが、最初はまったく変わりはなかったんですが、
3カ月目に入ってから効果が出てきました。

このミノタブの効果というのは、「発毛」というより『脱毛防止』の効果ですね。

 

前までは、頭を軽くかいただけでも4~5本は髪の毛が抜けていたけど、今では、指で髪の毛をつかんで引っ張っても抜けませんよ!!

この写真みたいに、横側と前側がかなり元に戻ってきています。

使い始めてから6カ月目に入るのですが、まだまだ完全ではないんですが、けっこう満足してます。

 

私みたいに、横側と前側が薄くて脱毛に悩んでいる人にオススメの育毛剤です。

 

ミノタブの悪い所・良い所

一つだけミノタブを使い始めてから、悪くなった所があります。
それは、頭皮だけでなく、全体的に毛が濃くなったこと。

 

「剛毛」とまではいきませんが、使う前に比べると濃くはなっています。
乳リンの周りにも毛が生えている・・・。

ココラヘンはミノタブのデメリット。

ミノタブの良いところとしては、価格の安さですね。

 

1ヵ月づつわけて、計算して見るとこんな感じ ↓↓

・1ヵ月分 = 約800円
・3ヵ月分 = 約2,400円
・6ヵ月分 = 約 3,800円
・12ヵ月分 = 約6,000円

1ヵ月分で 800円はかなり安いですね。
ロゲインを使っていた時は、1ヵ月分で3,500円だったんで、かなりミノタブの「価格の安さ・効果の高さ」を感じています。

ミノタブの購入・詳細について>>

 

ミノタブの「5mg・10mg」

あと、このミノタブには「5mg・10mg」の2種類あります。

この「5mg・10mg」の意味は成分ミノキシジルの用量のこと。

私は、ミノタブ5mg(ミノキシジルタブレット5mg)を毎日「朝・夕方の2錠」を服用しています。

これから、ミノタブを試してみようと考えている人がいたら、
まずは、「1日1錠2.5mg(5mgを半分)」から徐々に服用していくことをオススメします。

 

 

 

PAGE TOP ↑