男性ホルモンと薄毛の関係について

公開日:  最終更新日:2016/07/26

どうして頭皮の薄毛は発症しているのだろうか?年齢もあるのですが、男性の薄毛の原因としては男性型脱毛症が関係してきます。

男性型脱毛症には男性ホルモンが関係していることは古くから言われています。これはアメリカのハミルトン医師の実験によることで、思春期前に強制して睾丸を取り招くと若年性脱毛症は起こらず、睾丸が存在している一般的な男性だと薄毛が進行しやすいことがわかっています。

それから、抜け毛が起こりやすいのは頭皮全体ではなく、前頭部の頭髪と、脱毛症が起こりにくい後頭部の頭髪を交換萎縮したところ、後頭部から前頭部に萎縮した頭髪はそのままで、前頭部から後頭部に萎縮した頭髪は脱毛したという結果が出ています。

あくまでも男性により、頭髪の男性ホルモンとの関係は異なることがわかっており、簡単にいえば、男性ホルモンの量が少ないほど、抜け毛に悩まされないということになります。

頭皮の場所ごとに毛の男性ホルモン感受性が決まっていて、その声質は植え替えられても変化せず、新しい場所の毛と同じ感受性は記されないという性質を持っていると考えられているために、普段からどのようなことをしたら、自分にとって薄毛の予防に繋がるのかを考えた生活環境を整っていくことが重要です。

あくまでも男性ホルモンが薄毛を進行させるわけではなく、頭皮に存在している酵素と結合をすることで、ジヒドロテストステロンに変わり、この細胞が毛乳頭に悪さをしてきます。

そのために、男性ホルモンの量を減らすために利用されるのがフィナステリドになり、脱毛の数を最小限にしてくれます。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑