皮脂の量が多いと薄毛になるのか

公開日: 

脂っこい人は嫌われると聞きますが、頭皮から大量の皮脂利用が現れると、薄毛と関係するのか?

毛根のあるところ皮脂腺が有り、ここから分泌される皮脂は皮膚の表面を多い、保護する役割を持っています。この皮脂の分泌量の差が頭皮のタイプを決め最大の要因で多すぎるタイプを脂性肌や少なすぎるタイプを乾燥肌と言われています。

皮脂の過剰な分泌は毛髪の聖域を妨げる脱毛を招く原因と言われている話を聞きますが、実際のところ、データなどでは関係ないという話も聞きます。つまり、皮脂量が多い人ほどハゲやすいという話の大きな要因としては、髪の毛の量が少ない、一本一本が細いために、どうしても頭皮から目立つ皮脂が見えてしまうわけで、データで調べると、皮脂量が多かろうが、少なかろうが抜け毛とは関係ないと言われています。

ただし、皮脂量が多い一つの要因は、食事や睡眠、ストレスが関係してくるために、直接的には関係していなくても、間接的に薄毛の要因になります。普段からの生活環境にはある程度の意識は必要になります。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑